Q&A

トップQ&A子育てのためのお金についてできれば大学にも行かせたいと思います

  • 2019.9.22

子育てのためのお金について

できれば大学にも行かせたいと思います

かかるお金を計算してから、奨学金などの利用を検討しましょう。

大学の授業料は、初年度で国立大約80万円、私立大約110~150万円ほど、年額の授業料は国立大が50万円強、私大で70~100万円ほどかかります。自宅外に下宿させる場合、調査では新生活を始める準備に平均45万円ほど、生活のための仕送り額が月約7万円かかります。どの程度お金が足りないかわかったら、奨学金を調べましょう。奨学金は「貸与型」が多く、あくまで「借金」と意識することが大切です。お子さんとよく話し合い、借りる額を検討してください。 

ひとり親家庭が利用できる「母子父子寡婦福祉資金」

高校や大学の入学時にかかる費用について借りられる「就学支度資金」と授業料に充てる「修学資金」があります。どちらも無利子で、原則連帯保証人はいりません(子を借り主にする場合は母が連帯保証人、母が借主になる場合子が連帯借受人になる必要があります)。福祉事務所などにいる母子父子自立支援員に相談してください。卒業して半年後から返済が始まり、期間は20年間以内です。 

日本学生支援機構の奨学金

貸与型は無利子の「第一種」と有利子の「第二種」(年率3%が上限です)があり、所得額によってどちらを受けられるか決まります。2019年度入学者の貸与月額は、第一種で月1~6万円ほど、第二種は月2~12万円。連帯保証人を立てるか、機関保証に加入する(その場合、保証料が月々かかります)かを選びます。卒業して半年後から返済が始まりますが、条件を満たせば、減額、猶予制度もあります。

このほか、それぞれの独自の奨学金制度をもっている大学や、民間団体の制度、返さなくてよい「給付型」の奨学金もあります。2020年4月から「新しい給付型」と「授業料減免」の新制度も始まります。

日本学生支援機構のホームページに一覧が載っています。
日本学生支援機構「JASSOの奨学金とは」
文部科学省「高等教育の修学支援新制度」

さらに、大学や地方公共団体が実施している制度についてはこちらのページをご覧ください。
大学・地方公共団体等が行う奨学金制度

子育てのためのお金について
  1. 児童手当の手続はどうしたらいいでしょうか?
  2. 児童扶養手当の手続は?
  3. 養育費の約束を夫としていないけど請求できますか?
  4. 約束した養育費を払ってもらえません。どうしたらいいですか?
  5. こどもには高校は卒業させてやりたいのですが
  6. できれば大学にも行かせたいと思います
他のカテゴリーを見る

Q&Aカテゴリー